第1話『スーパージャイアン、力石岩男』(1997年)

解説の都合上、英文をいくつかの段落に分けます。通して読みたい方は最後に前文と全訳が掲載されていますので、ご参照ください。

As soon as he saw Benjie, Ezzie got up and said, “Hey, what happened? Where’d you go after school?

Benjie said, “Hammerman’s after me.”

Ezzie’s pink mouth formed a perfect O. He didn’t say anything, but his breath came out in a long sympathetic sigh. Finally he said, “Marv Hammerman?” even though he knew there was only one Hammerman in the world, just as there had been only one Hitler.

放課後、姿を消していたBenjieを見かけるや、Ezzieは「どうしたんだ?お前、どこに行ってたんだ?」と尋ねます。

「Hammermanに追いかけられているんだ」

(BenjieやらEzzieやらではピンとこないので、筆者の独断でBenjieを文哉、Ezzieを将太、Marv Hammermanを力石岩男と日本人の名前に変えます。Hammerman、文字通りハンマー男、いかにも硬くて強そうな語感です。)

将太の反応は、pink mouth formed a perfect O。もちろん、このOは少年らしいピンク色した将太の口の形です。驚きのあまり、将太の口は完全にOの形に開いてしまい、その口から言葉の代わりに、長くて同情に満ちた溜息が洩れ出します。

「力石岩男にか?」

将太は念を押します。たとえ、この世にヒトラーが一人しかいなかったように、力石岩男も一人しかいないとわかっていても。

どこにもガキ大将やいじめっ子はいます。しかし、ヒトラーと並び称せられる少年はまずいないでしょう(因みに、初めてこの問題文を読んだとき、私が思い浮かべたのは『岸和田少年愚連隊』のカオルちゃんでした)。

“Yes.”

“Is after you?”

Benjie nodded, sunk in misery. He could see Marv Hammerman. He came up in Benjie’s mind (1)          monsters do in horror movies, big and powerful, with the same cold, unreal eyes. It was the eyes Benjie really feared. One look from those eyes, and you knew you were his next victim.

将太の確認に、文哉はうなずき、力なくうなだれます。

文哉の脳裏に浮かぶ岩男はホラー映画の怪物の如く、冷たく現実のものとは思われない目をしています。この目で一目見られたら、誰だって自分が次の生贄だと覚悟します。まるで、ギリシャ神話に登場する、見る者を石に変えるというメデューサのようです。

設問(1) 下線部(1)に入れて意味が通る語句を次のうちからすべて選び、その記号を記せ。

ア as  イ how  ウ just  エ the way

後ろにSVが続いているので、副詞のウはダメです。意味から考えて(「ホラー映画で怪物が現れるように(このdoは代動詞でcome upを指します)」)、came upを修飾する副詞節でなければなりませんから、名詞節を作るイのhow(~する方法、~する仕方)も使えません。the wayもhowと同じく名詞節になりますが、in the way S V ~「~する方法で、~するように」のinは省略できます。

(答え) アとエ

“What did you do?” Ezzie asked. “Or did you do anything?”

At least, Benjie thought, Ezzie understood that. If you were Marv Hammerman, you didn’t need (2) a reason. He sat down on the steps and looked down at his feet. “I did something”, he said.

“What?” Ezzie asked. “What’d you do? You bump into him or something?”

Benjie shook his head.

“Well, what?”

Benjie said, “You know that big chart in the upstairs hall at school?”

“What’d you say?(3)             , Benjie. You’re mattering.” Ezzie bent closer. Look at me. Now what did you say?”

Benjie looked up, and said, “Now what did you say?”

Benjie looked up, and said, “You know that big chart outside the history room? In the hall?”

“Chart?” Ezzie said blankly. “What chart, Benjie?”

“This chart takes up the whole wall, Ez, how could you (4)               it? It’s a chart about early people, and it shows human progress up from the apes, the side view of all those different kinds of prehistoric people, like Cro-Magnon man and Pithecanthropus. That chart.”

さて、文哉は岩男に追いかけまわされる、何をしでかしたのでしょうか?

設問(2) 下線部(2)のa reasonとは、誰が何をする理由か。日本語で述べよ。

将太はよくわかっています、岩男に理由なぞ要らないことを。他の生徒に非がなくても、気分次第でいつでもいじめられる、岩男はまさに学園の暴君、ティラノザウルスなのです。

(答え) ハマーマンが他の生徒をいじめる理由。

 

ところがなんと、文哉はそんな怪獣相手に喧嘩を売ったようです。

信じられない将太は何があったのか聞き出そうとしますが、文哉の声が小さくてよく聞き取れません。

 

設問(3) 下線部(3)を埋めるのに最も適当な文は、次のうちどれか。その記号を記せ。

ア  I can’t even see you     イ  I can’t even hear you

ウ I’m not even looking at you  エ  I’m not even listening to you

 

seeやhearはいわゆる無意志の感覚動詞です。lookが「見る」のに対して、seeは見る気がなくても「見える、目に入る」。同様に、listenが「聞く、耳を傾ける」のに対し、hearは「聞こえる、耳に入る」です。「何を言っているか聞こえないよ、ぶつぶつ言ってて」と将太は文哉を責めます。

(答え) イ

再度促され、文哉は歴史教室の外の廊下に貼ってある図表に触れますが、将太はピンときません。

 

設問(4) 下線部(4)を埋めるのに最も適当な語は、次のうちどれか。その記号を記せ。

ア lose  イ miss  ウ notice  エ view

 

takes up the whole wallがヒントです。この人類進化の図表は壁全体を占めているので、「見逃すはずなない」。how could you ~は修辞疑問文です(「どうしたら見逃せるだろうか、いや、どうやっても見逃せるはずはない」)。

(答え) イ

“Oh, yeah, I saw it. So?

Benjie could see that Ezzie (5)             the good part, the violence. His shoulders dropped. He wet his lips. He said, “Well, when I was passing this chart on my way out of history ― and I don’t know why I did this ― I really don’t. When I was passing this chart, Ez, on my way to math ―” He swallowed several times. “When I was passing this chart, I took my pencil and I wrote Marv Hammerman’s name on the bottom of the chart and then I drew an arrow to the picture of Neanderthal man,”

将太の最初の台詞「ああ、わかった。見たことある」に続くSo?に注目しましょう。「それで(どうした)?」と言われ、文哉は将太が何を期待しているかを悟ります。

 

設問(5) 下線部(5)を埋めるのに。最もふさわしいように次の語を並べかえよ。与えられた単語はすべて、それぞれ一度ずつ使うこと。

eager  for  get  him  on  to  to  was

 

まず、the good partとthe violenceが同格であることに注目。将太は岩男が文哉をどんな目に合わせたのかが知りたくて仕方ない。なんと言っても、他人の不幸は蜜の味ですから。この問題のポイントはbe eager to V ~「~することを熱望している」の不定詞に意味上の主語for himをつけられるかどうかです。文章の主語は将太で、to get on to ~(「~へと移る」)するのは文哉なので、意味上の主語が必要なのです。

(答え)was eager for him to get on to

これまで準動詞の意味上の主語は何度も出題されています。たとえば、2003年第4問の整序作文で次のような問題が出ました。与えられた語を正しく並べ換えてみましょう。

(ア for イ newspapers ウ the エ the last オ they カ thing

キ wanted ク was)to find out that they were soon to be married. They had not even told their friends or relatives about it.(正解は<全訳例>の最後に)

 

話を物語へ戻しましょう。

「なぜ、こんなことをしたのか、本当にわからないんだ」

唇をなめ、言い淀み、何度ものどを鳴らす文哉の緊張感と恐怖心がダイレクトに伝わってきますね。

歴史教室から出て、原始人の図表の前を通りかかったとき、いったい文哉は何をしでかしたのでしょう?

なんと文哉はえんぴつで図表に力石岩男と書き、ネアンデルタール人の絵へ矢印を引いたのです。ガキ大将がジャイアン(ゴリラ)顔なのは万国共通のようですね。

“What?” Ezzie cried, “What?” (6a)He could not seem to take it in. Benjie knew that Ezzie had been prepared to sympathize with an accident. (6b)He had almost been the victim of one of those himself. One day at school Ezzie had reached for the handle on the water fountain a second ahead of Marv Hammerman. If Ezzie hadn’t glanced up just in time, seen Hammerman and said quickly, “(7)            ahead, I’m not thirsty,” then this unhappy figure on the steps might be (6c)him. “What did you do it for, Benjie?”

“I don’t know.”

“You crazy or something?”

“I don’t know.”

「何だって!」将太は文哉の話が理解できません。

 

(設問6) 下線部(6a)、(6b)、(6c)は、Ezzie, Hammerman, Benjieのうちの誰を指すか。Ezzieを指すものはE、Hammermanを指すものはH、Benjieを指すものはBと記せ。

(設問7) 下線部(7)を埋めるのに最も適当な語は、次のうちどれか?その記号を記せ。

ア be  イ go  ウ look  エ make  オ see

 

偶発的な事故になら、将太が同情してくれると文哉はわかっていました。というのも、将太は水飲み場で岩男との接触事故を間一髪のところで逃れた経験があったからです。将太は噴水式水飲みの取っ手へ手を伸ばしたあと、岩男が一瞬遅れて手を伸ばそうとしていることに気づきます。「お先にどうぞ。僕はのどが渇いていませんから」将太は当然、岩男に譲ります。

(設問7の答え) イ

あのとき、岩男の存在に気づくのが少しでも遅れていたら、今目の前でうなだれる不幸な少年が将太だった可能性があったのです。

ということで、(6)はすべて将太。

(設問6の答え) (a) E  (b) E  (c) E

 

いくら動機を聞かれても、文哉はなぜそんな狂気の沙汰としか思えない悪戯をしたのか、自分でもわかりません。

 

“Marv Hammerman!” Ezzie sighed. It was a sorrowful sound. “(8)Anybody else in the school would have been better. I would rather have the principal after me than Marv Hammerman.”

“I(9)             .”

“Maybe Hammerman doesn’t know you did it though,” Ezzie said. “Did you ever think of that? I mean, who’s going to go up to Hammerman and say his name is on the prehistoric chart?” Ezzie leaned forward. “Hey, Hammerman,” he said, imitating the imaginary fool, “I saw a funny thing about you on the prehistoric chart! Now, (10)Who in their right mind is going to ―”

“He was (11)right behind me when I did it,” Benjie said.

“What?”

“He was right behind me,” Benjie said stiffly. He could remember turning around and looking into Hammerman’s eyes. It was such a strange, troubling moment that Benjie was unable to think about it.

力石岩男!嗚呼、なんと悲しげな響き。将太は嘆息しきり。

 

(設問8) 下線部(8)の内容に最も近いものは、次のうちのどれか。その記号を記せ。

ア Somebody else should be chased by Hammerman.

イ Chasing Hammerman is as bad as chasing the principal.

ウ Hammerman is the worst person in school that can be after you.

エ You are the worst person in school for Hammerman to be after.

 

Couldn’t be better.「それ以上良いことはありえない」→「最高だ」のように、仮定法(would have beenに注目)の中で比較級が使われると最上級を表します。下線部(8)を直訳すると「学校の他の誰でも岩男よりは良かっただろう」。betterのあとにthan Hammermanが省略されています。省略は東大英語の最大のテーマです。the worst personに注目しましょう。

(答え) ウ

 

(設問9) 下線部(9)を埋めるのに最も適当な語は、次のうちどれか?その記号を記せ。

ア do  イ know  ウ see  エ  think

 

岩男に追いかけられるなら、校長の方がまだましだと言われ、文哉は「んなこと、言われなくてもわかってるよ」と応じます。英米の小中学校の校長は日本とは比べものにならないぐらい怖いようです。

相手が言うことを聞いて理解できるときにI see、相手に言われるまでもなく、相手が言うことをすでに理解しているときにI knowを使います。

(答え)イ

 

「でもさ、岩男はお前がやったとは知らないんじゃないか?」

友情に篤い将太は最後の慰めにかかります。

「だって、どこのバカがわざわざ岩男のところへ行って、告げ口すると思う?『ねぇ、ねぇ、岩男くん。原始人の図表の上で、きみに関して面白いものを見たんだよ』」

将太は岩男に告げ口をする架空の少年の口まねをします。

「一体、正気な誰がそんなこと—」

 

(設問10) 下線部(10)で、going toのあとを次のような形で補うとすれば、空所にどのような語を入れればよいか。最も適当な英語1語を記せ。

Who in their right mind is going to (   ) him that?

 

省略されているのは、3行~2行前のgo up to Hammerman and say his name is on the prehistoric chart。空所のあとがhimなので、sayではなく、人を目的語にできるtell。1988年にも同種の問題が出題されています。

(答え) tell

 

ここで、文哉の驚愕の告白。

「僕が悪戯書きしたとき、あいつ、僕の真後ろにいたんだ」

 

(設問11) 下線部(11)のrightに最も近い意味のrightを含む文は、次のうちのどれか。その記号を記せ。

ア Did I do it right this time?

イ His turn came right after me.

ウ Turn right at the next traffic light.

エ Now it’s impossible to put things right.

 

rightには「まさしく、ちょうど」の意味で、時や場所を強調する副詞の用法があります。たとえば、in the middle of ~「~の真ん中に」を強調したright in the middle of ~は、言葉は悪いですが「~のど真ん中に」を表します。it is thatの強調構文が代表ですが、入試では強調表現が好まれますね。

(答え) イ 「彼の番は私のすぐ後だった」、アとエは「正しい」、ウは「右」です。

 

「あいつ、真後ろにいたんだよ」

将太の慰めも空振りに終わり、文哉は振り向いたときに思わず覗きこんだ岩男の目を思い出します。文哉はいまだにそれが現実のこととは思えないのでした。

 

<問題全文>

As soon as he saw Benjie, Ezzie got up and said, “Hey, what happened? Where’d you go after school?

Benjie said, “Hammerman’s after me.”

Ezzie’s pink mouth formed a perfect O. He didn’t say anything, but his breath came out in a long sympathetic sigh. Finally he said, “Marv Hammerman?” even though he knew there was only one Hammerman in the world, just as there had been only one Hitler.

“Yes.”

“Is after you?”

Benjie nodded, sunk in misery. He could see Marv Hammerman. He came up in Benjie’s mind (1)          monsters do in horror movies, big and powerful, with the same cold, unreal eyes. It was the eyes Benjie really feared. One look from those eyes, and you knew you were his next victim.

“What did you do?” Ezzie asked. “Or did you do anything?”

At least, Benjie thought, Ezzie understood that. If you were Marv Hammerman, you didn’t need (2) a reason. He sat down on the steps and looked down at his feet. “I did something”, he said.

“What?” Ezzie asked. “What’d you do? You bump into him or something?”

Benjie shook his head.

“Well, what?”

Benjie said, “You know that big chart in the upstairs hall at school?”

“What’d you say?(3)             , Benjie. You’re mattering.” Ezzie bent closer. Look at me. Now what did you say?”

Benjie looked up, and said, “Now what did you say?”

Benjie looked up, and said, “You know that big chart outside the history room? In the hall?”

“Chart?” Ezzie said blankly. “What chart, Benjie?”

“This chart takes up the whole wall, Ez, how could you (4)               it? It’s a chart about early people, and it shows human progress up from the apes, the side view of all those different kinds of prehistoric people, like Cro-Magnon man and Pithecanthropus. That chart.”

“Oh, yeah, I saw it. So?

Benjie could see that Ezzie (5)             the good part, the violence. His shoulders dropped. He wet his lips. He said, “Well, when I was passing this chart on my way out of history ― and I don’t know why I did this ― I really don’t. When I was passing this chart, Ez, on my way to math ―” He swallowed several times. “When I was passing this chart, I took my pencil and I wrote Marv Hammerman’s name on the bottom of the chart and then I drew an arrow to the picture of Neanderthal man,”

“What?” Ezzie cried, “What?” (6a)He could not seem to take it in. Benjie knew that Ezzie had been prepared to sympathize with an accident. (6b)He had almost been the victim of one of those himself. One day at school Ezzie had reached for the handle on the water fountain a second ahead of Marv Hammerman. If Ezzie hadn’t glanced up just in time, seen Hammerman and said quickly, “(7)            ahead, I’m not thirsty,” then this unhappy figure on the steps might be (6c)him. “What did you do it for, Benjie?”

“I don’t know.”

“You crazy or something?”

“I don’t know.”

“Marv Hammerman!” Ezzie sighed. It was a sorrowful sound. “(8)Anybody else in the school would have been better. I would rather have the principal after me than Marv Hammerman.”

“I(9)             .”

“Maybe Hammerman doesn’t know you did it though,” Ezzie said. “Did you ever think of that? I mean, who’s going to go up to Hammerman and say his name is on the prehistoric chart?” Ezzie leaned forward. “Hey, Hammerman,” he said, imitating the imaginary fool, “I saw a funny thing about you on the prehistoric chart! Now, (10)Who in their right mind is going to ―”

“He was (11)right behind me when I did it,” Benjie said.

“What?”

“He was right behind me,” Benjie said stiffly. He could remember turning around and looking into Hammerman’s eyes. It was such a strange, troubling moment that Benjie was unable to think about it.

<全訳例>

べンジーを見るとすぐにエジーは腰を上げ、言った。「おーい、どうしたんだ?授業が終って、どこに行ってたんだよ?」

ベンジーは言った。「ハマーマンに追いかけられているんだ」エジーのピンクの口が完璧なOの形になった。エジーは何も言わなかったが、息が長く同情的な溜息となって洩れた。とうとうエジーは言った。「マーブ・ハマーマンか?」ヒトラーがたった1人しかいなかったと同様に、この世にハマーマンは1人しかいないことは知っていたけれども。

「うん」

「お前を追いかけているのか?」

ベンジーは頷き、惨めに落ち込んだ。ベンジー4にはマーブ・ハマーマンが見えた。ホラー映画で、大きく、力が強く、同じように冷たく非現実的な目をして、怪物が現れるように、ハマーマンはベンジーの頭に中に現れた。ベンジーが本当に怖れたのは、その目であった。あの目でひとにらみされると、次の犠牲者は自分だとわかる。

「何をしたんだ」とエジーが尋ねた。「いや、何かしたのか?」

少なくとも、エジーは理解したとベンジーは思った。ハマーマンなら、理由は要らない。ベンジーは階段に座り、足元を見つめた。「しちゃったんだよ」と彼は言った。

「何を?」とベンジーは聞いた。「何をしたんだ?あいつとぶつかったりしたのか?」

ベンジーは首を振った。

「じゃあ、何を?」

ベンジーは言った。「学校に2階の廊下に、大きな図表があるだろう?」

「なんだって?聞こえないよ、ベンジー、ぶつぶつ言ってちゃさぁ」エジーは身をかがめた。

「俺を見て。さあ、なんて言ったんだ?」

ベンジーは顔を上げて言った。「歴史教室の外に大きな図表があるだろう?廊下に?」

「図表?」エジーはぽかんとして言った。「どの図表だ、ベンジー?」

「あの図表は壁一面を覆っているよ、エズ、見落としっこないよ。原始人に関する図表で、類人猿から人類のへの進化を示していて、クロマニヨン人やピテカントロプスのような、先史時代のあらゆる種類の人類を横に並べたものだよ。あの図表さ」

「ああ、わかった。見たことあるよ。それで?」

エジーが肝心な部分、すなわち暴力の話へと進んで欲しいと思っていることがベンジーにはわかった。ベンジーは肩を落とし、唇をなめた。「それで、歴史教室から出る途中で、僕がこの図表の前を通りかかったとき・・・自分でもなぜこんなことをしたのかわからないんだ。本当にわからないんだ。この図表の前を通りかかったとき、エズ、数学教室へ行く途中で」彼は数度のどをごくりとさせた。「この図表の前を通りかかったとき、僕は鉛筆を取り出して、図表の一番下にマーブ・ハマーマンの名前を書いて、それからネアンデルタール人の絵へ矢印を引いたんだ」

「なんだって?」エジーは叫んだ。「なんだって?」エジーは理解できない様子だった。ベンジーはエジーが事故に同情するつもりでいたことはわかっていた。エジー自身がそういった事故の犠牲者になりかけたことがあった。ある日、学校でエジーは噴水式の水道の取っ手へ、マーブ・ハマーマンよりほんの一瞬早く手を伸ばした。もしエジーがぎりぎりのタイミングで見上げ、ハマーマンを目にし、「どうぞお先に。僕はのどが渇いていませんから」とすばやく言わなかったならば、階段に座ったこの哀れな人間は自分だったかもしれない。「なんのために、そんなことをしたんだ、ベンジー?」

「わからない」

「頭がおかしくなったとかか?」

「わからない」

「マーブ・ハマーマンか」とエジーは溜息をついた。それは悲しい響きだった。「学校中の他の誰でも、あいつよりはましさ。マーブ・ハマーマンなら、校長先生に追いかけられたほうがましだよ」

「そうだな」

「でも、ひょっとして、ハマーマンはお前がやったって知らないんじゃないか」とエジーは言った。「そうは考えなかったのか?つまり、誰がハマーマンのところへ行って、あいつの名前が先史時代の図表にのっているって言うよ?」エジーは身を乗り出した。「『ねぇ、ハマーマン』」エジーは架空のばかの真似をして言った。「『先史時代の図表に、きみに関して面白いことが書いてあるのを見たよ』なぁ、正気な誰がそんなことする・・・」

「やったとき、あいつ、僕の真後ろにいたんだ」とベンジーは言った。

「なんだって?」

「あいつは僕の真後ろにいたんだよ」ベンジーはこわばった声で言った。ベンジーは振り返って、ハマーマンの目を覗き込んだのは思い出すことができた。あまりにも奇妙で、悩ましい一瞬だったので、ベンジーはそれについて考えることはできなかった。

 

(設問5の追加問題の答え)エカオキクアウイ

彼らが最も望んでいなかったことは新聞社が彼らがまもなく結婚すると嗅ぎつけることであった。彼らはそれを友だちや親せきにさえ話していなかった。

  • この記事を書いた人
page top
043-284-7451
MENU