第2話    『逆さ吊りのリカちゃん』(2001年)

解説の都合上、英文をいくつかの段落に分けます。通して読みたい方は最後に前文と全訳が掲載されていますので、ご参照ください。

 

She said to him, “On your birthday, McCreedy, what do you want to do?” she always called him McCreedy. You would have thought by now, after being his wife for so long, she should have started to call him John, but she never did. He called her Hilda; she called him McCreedy, as if he was a ( (1) ), as if he was footballer she had seen on the television.

 

今回の主人公、McCreedy(日本名を新井田にしましょう)氏の妻、Hilda(日本名は直美)は相当な変人です。結婚してもうずいぶん時間が経つのに、夫を「パパ」「お父さん」「あなた」ではなく、苗字で呼ぶのですから。

 

設問(1) 空所(1)を埋めるのに最も適当な語を次のうちから選び、その記号を記せ。

ア brother  イ father  ウ master  エ stranger

 

空所に続く文「まるで夫がテレビで見たことのあるフットボール選手であるかのように」がヒントです。ふつう、テレビ中継に登場するプロサッカー選手やプロ野球選手は赤の他人ですよね。

 

(答え)エ

 

“What would the kids like?” he said.

She lighted up a cigarette. (2)Her twentieth or thirtieth that Sunday, he had stopped counting.

“Never mind the kids, McCreedy,” she said. “It’s your birthday.”

“Go back to Ireland,” he said. “That’s what I’d like. Go back there for ( (3) ).”

 

「誕生日に、何がしたい?」との問いかけに、新井田氏は「子どもたちは何がしたいのかな?」と疑問文で返します。疑問文に疑問文で応えられると、イラっとすることありますよね。直美がタバコに火をつけた心境は、「子どもなんかどうでもいいのよ、ニイダ。あんたの誕生日なんだからさ」というせりふからも想像できます。直美のイメージは、年齢の差には目をつぶっていただき、デビュー当時の桃井かおりをご想像ください。

 

設問(2)下線部(2)を和訳せよ。

 

下線部は標準的な形の文ではなく、補うとすると、( It was ) her twentieth or thirtieth ( cigarette ) that Sunday, ( but ) he had stopped counting ( it ).

twentieth or thirtiethが序数であることに注意しましょう。

 

(答え)それはその日曜日に妻が吸った20本目か30本目かのタバコだったが、彼は数えるのを止めていた。

 

新井田氏は浮世離れしたタイプらしく、「アイルランドに戻りたい」と応えます。この夫婦の家はロンドン北部にあります。やっとの思いで埼玉県春日部に中古の一戸建てを買ったサラリーマン一家の大黒柱が故郷の北海道に帰りたいと答えたわけです。

 

設問(3)空所(3)を埋めるのに最も適当な語を次のうちから選び、その記号を記せ。

ア all  イ dead  ウ good  エ granted

 

北海道に帰りたいだけでなく、新井田氏は「春日部には二度と戻って来たくない」とまで言います。

 

(答え)ウ for good「永遠に」

 

She put out the cigarette. Typical, he thought. (4)She was always changing her mind about everything, minute to minute. “When you’ve got a sensible answer,” she said, “let me know what it is.”

 

そう聞いて、直美は点けたばかりのタバコを消します。Typical (of her)、「ああ、こいつらしいな」と新井田氏。直美は分裂症気味かもしれません。

 

設問(4)下線部(4)には誰のどのような気持ちが表われているか。最も適当なものを次のうちから選び、その記号を記せ。

ア 妻の柔軟なものの考え方に対する夫の驚嘆が表われている。

イ 妻の日頃の生活態度に対する夫のいらだちが表われている。

ウ 夫の強い望郷の念に共感できない妻の不満が表われている。

エ 夫の非常識な発言を理解できない妻の困惑が表われている。

 

下線部を直訳すると「妻は一瞬一瞬、あらゆることについて考えを変えてばかりいる」。alwaysを進行形とともに使う場合、「いつも~ばかりしている(いた)」と非難を表すことを確認しましょう。

 

(答え)イ

 

He went out into the garden where his nine-year-old daughter, Katy, was playing on her own. Katy and the garden had something in common: they were both small and it looked as if they would never be beautiful no matter how hard anyone tried, because Katy ( (5) ) her dad. More’s the pity.

 

「まともな答えを思いついたら、知らせて」。妻の言葉を機に新井田氏が庭へ出ると、九歳の娘Katy(日本名、亜理紗)が独りで遊んでいます。庭と亜理紗には共通点がありました。貧弱で、誰がどんなにがんばってみたところで、きれいになりそうにないところ(涙)。

 

設問(5)空所(5)を埋めるのに最も適当な語を次のうちから選び、その記号を記せ。

ア recognized  イ represented  ウ resembled  エ respected

 

美人な母親、直美似ならよかったのですが—女の子はどうしても父親に似てしまいますのでね。

 

(答え)ウ

 

Now the two of them were in the neglected the garden together, with the North London September sun quite warm on them, and McCreedy said to the daughter he tried so hard to love, “What’ll we do on my birthday, then, Katy?”

She was playing with her showily stylish little dolls. She held them by their shapely legs and their golden hair waved around like flogs. “I don’t know,” she said.

 

the daughter he tried so hard to love。このphraseに自分に似てしまった娘に対する父親の気持ちが如実に表れています。

「亜理紗、お父さんの誕生日に何をしようか?」新井田氏は娘にも同じ質問をします。

亜理紗は二体のバービー人形(これもついでに、リカちゃん人形にしましょう)で遊んでいるのですが、問題はその持ち方。なんと、足をつかんで逆さに吊るし、リカちゃんの髪は旗のように揺れています。優しい心根の女の子なら、こんな乱暴な持ち方はまずしないでしょう。

 

He sat on a plastic garden chair and she laid her nymphs side by side. “Cindy and Barbie are getting stung,” she complained.

“Who’s stinging them, darling?”

“Those plants, of course. Cut them down, can’t you?”

“Oh no,” he said, looking at where they grew so fiercely, crowding out the roses Hilda planted years ago. (6)“Saving them, sweetheart.”

 

それでも、亜理紗は人形がかわいいようで、「わたしのリカちゃんが刺されているの」、「何が刺しているんだい?」、「その草に決まってんじゃん、切ってよ」と父親に訴えます。

 

設問(6)下線部(6)を、themが何を指すか明らかになるように和訳せよ。

 

themはもちろんthe rosesではなく、those plantsを指しています。Savingの前にWe areが省略されています。省略は東大英語の最大の特徴です。

 

(答え)その草は切らずにとっておいているんだよ。

 

直美が昔に植えたバラがすみへ押しやられているのを見て溜飲を下げたとまで考えるのはうがち過ぎでしょうか。それはともかく、「どうして?」と娘にわけを聞かれた新井田氏の対応はおそらく即興です。

 

“Why?”

“For soup. Nettle soup ― to make you beautiful.”

She looked at him gravely. For nine years, she had believed everything he had said. (7)Now she was on a cliff-edge, almost ready to fly.

“Will it?”

“Sure it will. You wait and ( (8) ).”

 

「亜理紗をかわいくするためのイラクサのスープを作るためさ」(ちなみにイラクサの花言葉は「悪意」)

亜理紗は父親に疑いのまなざしを注ぎます。生まれてこのかた、父親の言うことは何でも信じてきた亜理紗が。亜理紗は自分がブサイクなことは知っていますし、それだけかわいくなりたい願望が強い。だからこそ、父親の言葉を信じたいけれど、素直には信じられないのです。

 

設問(7)下線部(7)は、彼女の中にどのような気持ちが芽生えたことを表わしているか。10字以内で記せ。

 

崖の上に立ち、亜理紗は今にも飛び立とうとしています。もちろん父親からです。

 

(答え)父の言葉を疑う気持ち

 

設問(8)空所(8)を埋めるのに最も適当な英語1語を記せ。

 

“Will it?”のあとに省略されている言葉は、make me beautifulです。もちろんきれいにはなりませんが、新井田氏は自信満々に、wait and see(まあ、見ててごらん)と娘の疑念を払拭します。

 

(答え)see

 

Later in the day, when his son Michael came in, McCreedy stopped him before he went up to his room. He was thirteen.

“Your mother was wondering what we might all do on my birthday. If you had any thoughts about it —?”

Michael shrugged. It was as if he knew he was untouchable, unconquerable. He was the future. (9)He didn’t have to give the present any attention. “No,” he said. “Not specially. How old are you anyway?”

 

あとになって、13歳の息子のマイケル(以下、翔)が帰ってきます。新井田氏は翔が部屋に上がる前に、「お父さんの誕生日にみんなで何をしたらいいか、お前に何か考えがあるかい?」と呼びとめます。

沢尻エリカばりに「べつに」と吐き捨て、翔はこれ見よがしに肩をすくめます。誰も自分には指一本触れることができないと思っているかのよう。すべては若さがなせる業です。

 

設問(9)下線部(9)を和訳せよ。

 

直前のfutureに注目します。このthe presentはもちろん「現在」。誕生日の話だからといって、「贈り物」と誤訳しないように。

 

(答え) 彼は現在に注意を払う必要はまったくなかった。

 

“Forty-five. Or it might be a year more. I don’t remember.”

“Come on, Dad. Everyone remembers their age.”

“Well, I don’t. ( (10) ) since I left Ireland. I used to know it then, but that’s long ago.”

“Ask Mum, then. She’ll know.”

Michael went on up the stairs, scuffing the carpet with the smelly shoes he wore. No thoughts. No ideas. Not specially.

And again McCreedy was alone.

 

歳を聞かれた新井田氏はなんと「45。いや、もう1つ上かな?覚えてないんだ」と答え、「しっかりしてよ。誰だって、自分の歳ぐらい知ってるよ」と13歳の息子にたしなめられます。

 

設問(10)次のうちから空所(10)を埋めることができない語を1つ選び、その記号を記せ。

ア Especially  イ Ever  ウ Lately  エ Not

 

don’t のあとにremember my ageが省略されています。またもや省略です。

ア「北海道を離れてからはとくに(覚えていない)」

イ「北海道を離れてからはずっと(覚えていない)」

ウ「北海道を離れてから最近は(覚えていない)」これは意味不明。

エ「北海道を離れてからは(覚えていない)」これは否定の繰り返し。

 

(答え)ウ

 

「じゃあ、お母さんに聞けば」と冷たく言い残し、翔は二階の自分の部屋へ。憐れな父はまた一人ぼっちになりました。

 

<全文>

 

She said to him, “On your birthday, McCreedy, what do you want to do?” she always called him McCreedy. You would have thought by now, after being his wife for so long, she should have started to call him John, but she never did. He called her Hilda; she called him McCreedy, as if he was a ( (1) ), footballer she had seen on the television.

“What would the kids like?” he said.

She lighted up a cigarette. (2)Her twentieth or thirtieth that Sunday, he had stopped counting.

“Never mind the kids, McCreedy,” she said. “It’s your birthday.”

“Go back to Ireland,” he said. “That’s what I’d like. Go back there for ( (3) ).”

She put out the cigarette. Typical, he thought. (4)She was always changing her mind about everything, minute to minute. “When you’ve got a sensible answer,” she said, “let me know what it is.”

He went out into the garden where his nine-year-old daughter, Katy, was playing on her own. Katy and the garden had something in common: they were both small and it looked as if they would never be beautiful no matter how hard anyone tried, because Katy ( (5) ) her dad. More’s the pity.

Now the two of them were in the neglected the garden together, with the North London September sun quite warm on them, and McCreedy said to the daughter he tried so hard to love, “What’ll we do on my birthday, then, Katy?”

She was playing with her showily stylish little dolls. She held them by their shapely legs and their golden hair waved around like flogs. “I don’t know,” she said.

He sat on a plastic garden chair and she laid her nymphs side by side. “Cindy and Barbie are getting stung,” she complained.

“Who’s stinging them, darling?”

“Those plants, of course. Cut them down, can’t you?”

“Oh no,” he said, looking at where they grew so fiercely, crowding out the roses Hilda planted years ago. (6)“Saving them, sweetheart.”

“Why?”

“For soup. Nettle soup ― to make you beautiful.”

She looked at him gravely. For nine years, she had believed everything he had said. (7)Now she was on a cliff-edge, almost ready to fly.

“Will it?”

“Sure it will. You wait and ( (8) ).”

Later in the day, when his son Michael came in, McCreedy stopped him before he went up to his room. He was thirteen.

“Your mother was wondering what we might all do on my birthday. If you had any thoughts about it —?”

Michael shrugged. It was as if he knew he was untouchable, unconquerable. He was the future. (9)He didn’t have to give the present any attention. “No,” he said. “Not specially. How old are you anyway?”

“Forty-five. Or it might be a year more. I don’t remember.”

“Come on, Dad. Everyone remembers their age.”

“Well, I don’t. ( (10) ) since I left Ireland. I used to know it then, but that’s long ago.”

“Ask Mum, then. She’ll know.”

Michael went on up the stairs, scuffing the carpet with the smelly shoes he wore. No thoughts. No ideas. Not specially.

And again McCreedy was alone.

 

<全訳>

 

彼女は彼に言った。「マックリーディ、誕生日には何がしたい?」彼女はいつも彼をマックリーディと呼んだ。こんなに長く彼の妻なのだから、彼をジョンと呼ぶようになってしかるべきだと思われるかもしれないが、彼女は決してそうしなかった。彼は彼女をヒルダと呼んだ。一方、彼女は彼をまるで他人のように、テレビで見たことのあるフットボール選手であるかのようにマックリーディと呼んだ。

「子供たちは何がしたいのかな?」と彼は言った。

彼女はタバコに火をつけた。(2)彼女がその日曜日に吸った20本目か30本目かのタバコだったが、彼はもう数えるのは止めていた

「子供たちはどうでもいいの、マックリーディ。あなたの誕生日なんだから」と彼女は言った。

「アイルランドへ帰りたい」と彼は言った。「それが僕のしたいことだ。あそこへ帰って二度と戻ってこない」

彼女はタバコを消した。またか、と彼は思った。彼女はいつでもあらゆることに関して考えがコロコロ変わる。「まともな答えが思いついたら、教えてちょうだいね」と彼女は言った。

彼は九歳の娘、ケィティが一人で遊んでいる庭へと出て行った。ケィティとその庭にはある共通点があった。どちらも小さく、誰がどんなに頑張ってみても、きれいになることは決してないように思われた。というのも、ケィティは父親似だったからだ。哀れなことながら。

今、父娘二人は一緒に顧みられない庭にいた。ロンドン北部の九月の太陽はとても暖かく、マックリーディは自分が懸命に愛そうとしている娘に言った。「ところで、ケィティ、パパの誕生日にみんなで何をしようか?」

娘は派手で格好のよい小さな人形で遊んでいた。彼女はその人形の形の良い足をつかみ、人形の金髪は旗のように振られていた。「わかんない」と娘は言った。

彼は庭のプラスチック製のいすに座り、彼女は美少女たちを並べて置いた。「シンディとバービーが刺されているの」彼女は不平を言った。

「誰が刺しているんだい?」

「もちろん、その草よ。切ってくんない?」

「それはだめだ」草がものすごい勢いで茂り、ヒルダが数年前に植えたバラを締め出している場所に目をやり、言った。「(6)その草は残しておいているのさ

「なんで?」

「スープにするためさ。お前をきれいにするためのイラクサのスープ!」

娘はひどく真面目な顔で彼を見た。九年間彼女は彼の言うことは何でも信じてきた。今、彼女は崖っぷちにいて、飛び立つ準備がほぼ完了していた。

「効果があるの?」

「もちろんあるとも。見ててごらん」

のちほど息子のマイケルが帰ってくると、マックリーディは息子が自分の部屋に上がる前に呼び止めた。息子は十三歳だった。

「ママがパパの誕生日にみんなで何をしようかと考えているんだけど、お前に何か考えがあれば・・・」

マイケルは肩をすくめた。まるで自分が触れてはならず、征服できないものだと知っているかのようだった。彼は未来だった。(9)彼は現在を一顧だにする必要がなかった。「いや」と彼は言った。「とくに何も。ところで、パパは何歳なの?」

「45。いや、もしかしたら一つ上かも。覚えていないんだ」

「しっかりしてよ、パパ。誰だって自分の年は覚えているよ」

「でも、覚えていないんだ。アイルランドを離れてからはね(とくにね、ずっとね)。それまではわかっていたんだが、昔の話だからな」

「じゃあ、ママに聞いてみなよ。ママならわかるよ」

マイケルは悪臭を放つ靴でカーペットをこすりながら階段を上った。何も考えず、何の意見も持たず、とくに何もない。

そして再び、マックリーディは独りになった。

  • この記事を書いた人
page top
043-284-7451
MENU